就労ビザ申請は人材派遣会社様と信頼できるパートナーを築いていく横浜市・杉山大輔行政書士事務所へ。横浜市、川崎市、世田谷区、品川
2017-07-25

東京入国管理局に行って、お客様の手続きをしてきました。


昨日は午前中に品川にある東京入国管理局にお客様の手続きの申請に行ってきました。

場所は品川駅からバスで、およそ10分~15分くらいの品川ふ頭にあり、海上コンテナを運ぶトラクターやトレーラーもたくさん走っております。

おそらく、入国管理局は一般の方はあまりなじみのない場所ではないでしょうか。
毎日たくさんの外国人の方がおられるので、行ったことのない方は少しインターナショナルな雰囲気が味わえるかもしれません。

基本的に外国人の方を対象にしている役所なので、外国人の方と全く関係のない方は、おそらく一生行くことはない場所だと思われます。

しかしながら、例えば、外国人を雇用している会社だとか配偶者が外国人である方なら、必ず関わらざるえない役所です。

役所というと、おそらく一般の方にとってなじみのあるのは市役所が連想されると思われますが、入国管理局は日本国の安全を守るという観点からやっているので、市役所等に比べると少し緊張感のある役所で、中での撮影等も一切許可がされておりません。

東京入国管理局は関東圏をすべて管轄しているので、毎日外国人の方がたくさんおります。 外国人を海外から呼びたい、現在の在留資格を変更したい、現在の在留資格を更新したい等、理由は様々あると思われます。

なお、私は昨日1時間程度で済みましたが、行く時間帯によっては2~3時間待つのもザラです。
とくに、1月~3月の留学からの変更が集中する時期やゴールデンウイーク明けなどは非常に混み、中には一日近く待ったという方もおられます。

そして、電話はほぼ毎日繋がりにくい状態が続きますので、なかなか電話で質問したいことが入国管理局に問い合わせできないという声もよく聞きます。

日本は現在、人手不足等の深刻な社会問題も抱えており、今後も外国人就労者が増えることが予想され、そうなると、入国管理局の業務量も必然的に増えるわけですから、これからも入国管理局の中は一層混雑されることが予想されます。

ですから、時間等のコストを無駄にしたくないのであれば、総合的に判断すると入管専門の行政書士に依頼した方がいいのかもしれません。そうすれば、人によっては自分のことに集中できる時間がうまれるという方もいらっしゃるかもしれません。

まとめ: 東京入国管理局の場合は、毎日非常に混雑しているので、総合的に判断して時間等のコストを無駄にしたくないのであれば、入管専門の行政書士に依頼するのも一つの手段として考えておく。

関連記事
就労ビザのご相談は今すぐ!