2017-06-14

外国人はどんな仕事もできるのか? その1


ここ数年、もう日本で外国人を見ない日はないというほど、外国人を見るのは珍しくなくなってきたと感じる人は多いのではないでしょうか?
 
レストランのホールをしていたり、コンビニのレジの店員をやっていたりと、既に日常風景になっている地域もあります。そのため、日本人の中には、「外国人はどんな仕事をやってもいいのか?」という疑問がわきますよね。

ですが、答えはNOです。

現在の日本の制度上では、雇用予定の外国人が大学(短大を含む)や専門学校を卒業し、その学んだ知識を職務に関連させることができないと就労ビザは取れません。

例えば、レジ打ち、清掃、警備、ホールスタッフ、建設現場での労働等の単純労働での就労ビザは取れません。ですから、まず外国人を雇用しようとしている会社はその方の卒業証明書だけでなく、成績証明書も必ず確認することが重要です。

例えば、簿記論を専攻していれば経理として採用する、マーケティングを専攻していれば営業で採用、情報処理を専攻していればプログラマーとして採用する等です。※上記はあくまでも、一つの一例です。

なお、大学は日本以外の海外でも大丈夫ですが、専門学校は日本の専門学校のみとなります。一番重要なことは学校で専攻したことと職務内容との関連性です。

まとめ:外国人を雇用しようとしている会社は採用前に雇用予定の外国人の学歴及び専攻科目の2点を必ず確認する。

ビザ申請のご相談の予約は電話080-6672-2478

[関連記事]
就労ビザのご相談は今すぐ!